Text Size : A A A
世界はもっと愛にあふれた
もっともっと素敵な場所になっていく。

そして、1192もその一端を担いたい。

それぞれの方法で、
愛のある関係性を構築しようと試みることは、
世界中の人々が協力しあって、
より美しく、より居心地の良い世界を目指すこと。

そんな関係性とか、
そんな状況とか、
何だかまるで、花火を夜空に打ち上げているようで。

「何か特別なこと」というより、
毎日の生活の中で輝く打ち上げ花火。


それは、「日々の暮らし」。

暮らしの花火は、必ずしも華美ではなく、
準備や後片付けなど、
大変で面倒くさくなる時も。

だけど、毎日のことだからこそ
意識したい、丁寧な暮らし。

そんな生活の中で、
ちょっとした合間に
ホッとできる時間を提供できる
そんな存在でありたい。

そう願いながら、こかまう珈琲をお届けしています。