もう、おでんの季節がきましたね。
お風邪などひいてませんか?
私は元気にやっています。
Img_b906730f75281323b93e6bfa501b32fd

#コミュニティデザイン
Img_20667e2cdc07fa495ecdd1e486122f20
誰もがゾフィ・ショルにはなれないけど、お茶は飲めると思うから

誰もがフットワークの軽い活動家になれなくても、誰もが世の中に中にかを提言できなくても、誰だってお茶を淹れてお喋りすることならできる。
La foret de 1192はこう考えて、お茶を飲みながらお喋りする「お茶ベり会」を開きます。

一人ひとりが持っている暮らしのアイディアや、社会をより良くしていく取り組みを共有し、そこから生まれていく繋がりや新しいアイディアを大切にしていきたいと思っています。

目指すは、「ご縁のある社会(コミュニティ)」。

「『あんたが言うことやけん、信用してやったる』と、町の人から言われることが大事」。
柔らかい徳島弁で言い切るNPOグリーンバレー代表の大南信也さんの話を聞いて、思わず深くうなずきました。 (Click!) 
Img_26ed8909d791b8e9748dbe6510c40d62
朝日新聞デジタルのウェブマガジン編集部主催の山崎亮氏との連続対談企画にて

「地域での活動において、自分たちの為にやっていることは何一つない。人とのつながりを感じ、自ら町に対してできることを徹底的に力を加えていく。そういうところから、『グリーンバレーが言うてるんやから』という信頼を得られるようになる」。
大南さんは、町の人との繋がりを、このようにおっしゃっていました。
対談会場で大南さんに質問できる機会に恵まれ、「他のNPOなどと協同で何かされていますか」と尋ねると、「ありません」ときっぱり。

「『地域ぐるみでやりましょう』と言うんやなしに、やりたい人が関わればいい。必要なことやったら、必要な時に自然につながっていく。無理せんでいい。無理すると、その団体の面白さがなくなる」とお答え下さいました。
Img_8f101842cba05a196c835a1e1f505f96
Img_ec81e7fc9a6d9d86de7b02bbbf5bf647

話変わって…
去年からやっているトモじぃハウス企画では、参加してくれた友だちが「面白かったから」ということで、さらにその友達を誘って来てくれるという構図が出来上がりつつあります。

参加者の半分以上の方に、「初めまして」と言うこともありますが、「お餅つこうや~、機械でv」。「お味噌作りしよ~」、「女子会の全国大会しようよ~」なんて声もあがってきたりしています。

「何かやる時に、そこに使命感は与えていない。形から入ると、形にとらわれる。何も期待せんとみんなで楽しいものをやっておると、偶然ポッと何かが生まれる」という大南さんでしたが、繋がりを作ろう作ろうと意識するのではなく、「面白そやなー。ほんなら、やってみよっか♪」とふんわり楽しくやったその先に、つながりができてきたらいいなと期待しています。

思いを形に。

これで、3通目のお手紙になります。
「飲みやすいコーヒーだね」と、豆から挽いて飲んで下さっていたことを奥様より伺っておりました。
ありがとうございます。

先日、奥様を通じてお届け下さった桜にまつわる論文を、興味深く、そして楽しく拝読しました。
ライフワークに桜の東西交流を研究されていたことを、初めて知りました。

そのお礼に、と言ってはなんですが、同封させていただいたのは、稚拙ながら私が書いた東ティモールに関する論文です。
なぜ今、フェアトレードタウンなのかということもお伝えできればと思ってのことでした。

Img_84be557f074a28ed5511e82739b538fb
鎌倉市源氏山

「またお会いしましょう」とお返事をちょうだいした言葉に望みをかけ、来春にはお花見をご一緒にと願っておりましたが、それが叶わないことになったことを知りました。
お手紙を読み返すと、あれから一か月も経っていないことを日付が伝えます。全てが嘘のように思え、今はまだ信じることができません。
「なぜ?」という問いしか出てこないのが正直なところです。

初めてお会いしたのは、二本の松が近くに植えられている花壇でしたね。
あの場所を通るたびに、そして桜の花が咲く頃に、いつもいつも思い出すのだと思います。
ニコニコと二本の松の木の下で佇んでいらっしゃったお姿を思いうかべながら。


桜が咲く4月。
私は新しいことにチャレンジしようとしています。
どうぞ空から見守っていてくださいね。
機会を見つけて、私も三島を訪れたいと思います。

先日、ステキなプレゼントをいただきました。
ドキドキしながらギフトボックスを開けてみると、「Organic」の文字。感動していると、「コンセプトがいいでしょう♪」と贈って下さったMarikoさん。本当にそうだと思いました。

(以下ブランドコンセプト)

「毎日を楽しみたいと思う生活者が増えています。同時に、モノを選ぶ視点は、有用性や価格だけでなく、安全性や環境性あるいはデサイン性に広がっています。MARKS&WEBは、そんな「自分らしく毎日の生活を楽しみたい」と考える方に、毎日のお気に入り(MARKS)を提案していきたいと…」。
Img_6543dd812da67c92be2b0b3a607d0b06
スキンケアセット

Marikoさんは「≪丁寧に暮らす≫って、こういうことも含まれるんじゃないかなーと思って」とサラリと言っておられましたが、オーガニックだのフェアトレードなどをブツブツ言っている私のことをよくよく考えて選んで下さったと思うと、とても嬉しかったです。

Img_7eb2340d5a270206d93687bab5170e52
友だちが作ったリースを友だちへ
さて、12月1日からクリスマスシーズンが始まりました。
この時期にプレゼントなどを送り合っている方もいらっしゃるかと思いますが、私もその一人。
相手のことを考えながらのプレゼント選びは楽しいものです。
プレゼントを贈るのは、モノを送るだけでなく、気持ちを送ことでもあるからでしょうか。

近くにいても、離れていても。
「誰かを思う」ことで、それぞれがサンタクロースになれる月。
人が人を思うことで生まれる希望。
もしそれを「ご縁」と言うのなら、人を思い、思われることによって作りだされるご縁ほど、幸せなことってありません。


-For others-
原点のその先へ。