今年も逗子市の亀ヶ岡神社で開かれたコミュニティパークに、「逗子フェアトレードタウンの会」が参加しました。
私も一メンバーとして、初日に参加。
美味しいごはんをいただきながら、「大人の休日」を楽しみました。
Img_45ba77deb859cb945b17665dc35dba33
薫風さわやかな亀ヶ岡神社にて
今回、初めてチャレンジさせてもらったのは、なんとフェアトレードファッションショーのモデル(笑)
ド素人による手作りのショーで、準備期間もほとんどなかったから、一時は「どうなることやら~」と思ったこともあったけど、みんなでとっても楽しく開催することができました。

使用させてもらったお洋服やアクセサリーたちは、ピープルツリーというエシカルファッションブランドのもの。
お店のHPはこちらを (Click!) 

私はインドからやってきたワンピースを着ました。 (Click!) 
デザインも素敵で色も落ち着いているから、これなら会社にも着ていけるし、素材は100%オーガニックコットンで肌触わりも最高。
何よりちょっと太ってきている私の二の腕さんを、「ソレナリ」にみせてくれたので、女性の味方だと思いました(笑)
Img_71f7ebd1fe98918774fcb3f43465f802
緊張したけど楽しかった~♪

ショーが終ったあとも、反響があって、「どこで買えるの?」とか、「サイズは?」、「値段は?」などわざわざブースにまで聞きに来てくれるだけでなく、境内のあちこちで話題になっていたようです。

「かわいい」、「おしゃれ」など、ショーを見た人やモデルになって参加してくれた人たちに、物語がある商品を気にかけていただけるのはありがたいことだし、そこからフェアトレードを知ってもらえたら、もっと嬉しい。
実際、モデルさんをお手伝いしてくださった方は、「ピープルツリーの洋服が着れて嬉しい」、「デザインが可愛くていいね」などの感想がたくさん。
「普段こういう服きないから着こなせるか分かんなかった」と言いながらも、ニコニコしているモデルさんたちと一緒に、これまた手作りのステージを歩けたのが非常に貴重な体験になりました。

「モデルを募集していると聞いたので、モデルをやる気満々で今日手伝いに参加したのですが、男性はないんですね。残念」という、ナイスガイもいてくれて、今度は男性のファッションショーとかやってみたいなーなんて思っています♪

「逗子フェアトレードタウンの会」で度々、話題にのぼるのはフェアトレードを通じた新しいライフスタイルの提案。こういうファッションなどから、自然にフェアトレードを取り入れられたら苦しくないな~と実感。

作ってる人も、使う人もハッピーに。
それがフェアトレード。

今回もCPのスタッフさんや音響の方にもずいぶんお世話になりました。
本当にありがとうございました。

一つでも多くのハッピーが、世の中に増えていきますように!
これまでの関係性と出会いに感謝して☆

ぽかぽか温かい昼下がり。
護国寺近くの古民家、ギャラリー園で、予定していた4種プラスして、6種類のコーヒーを飲み比べながら、サードウェーブコーヒーを楽しみました。
.
Img_96d51d361993a2c9b623d3d8f79d790a

「この酸味すごい。目をつぶって飲んだら、コーヒーだとは分からないかもしれない」
「でも、嫌味じゃない酸味で美味しい」
「同じ木の種類で、同じブラジル産なのに、農園が違うとこうも味が違うのか」

などなど、参加して下さった方からは驚きの言葉が並びました。
また、「電動ミルと手動ミルだと味が違うかやってみようよ」という声も飛び出すなど、みんなで楽しくイベントを作り上げることが出来ました。
.
Img_69b562db5ff0c50d1f76c084ddf7535b
意外と挽くには力がいる
Img_b1009e1d594fd9ca95afe6796c990795
基本に忠実に
見た目は同じように見える豆にも個性があり、それを最大限に引き出して飲むサードウェーブ。
土や加工方法にこだわり、丁寧に作られたコーヒー。
これまでは、少量生産ゆえに大きな流通には乗せられない豆だったのが、間焙煎屋さんが直接現地に赴いて、「旨い!」コーヒーを見つけてくる時代になりました。
コーヒーもワインのように、作られる場所や年によって味が変わります。その時々の味を楽しめるのは、生産者と地元の人に美味しいコーヒーを提供したいという熱意で動いている焙煎屋さんのおかげ。
そして、コーヒーを飲む場所で人々が出会って、新たらしい何かが生まれていく。そんな空間もひっくるめて、サードウェーブなんだと思います。


「サードウェーブの発信地サンフランシスコ、行きたいね!」
「海外無理でも、ブルーボトルが都内に進出したらみんなで行こうか?」
「まずは今回使用した豆を焙煎している松屋珈琲店にも行ってみたい」
「自分たちで焙煎するのもいいね」
「私、ブルンジのコーヒーバイヤーやってみたいんです」
「はじめは東ティモールで研修してみたら?」
「夏に東ティモールの生産地に行くツアーやるよ。来ませんか?」
「ほんと?誘われたら私ほんとに行っちゃうよ」
「とりあえず、一日カフェやっちゃおうか」
「いいねー♪」
「Sさんとこの居酒屋さんでコーヒー出すとか?」
「うちは日本酒なんで・・・」
「サイフォンで熱かんとかどう?」
「熱すぎるでしょー」
こんな会話が、初めて出会った人たちと楽しくできたのは、ひとえにコーヒーのおかげ。
また、私の思いに賛同して場所を提供してくださったギャラリー園。
時間外でコーヒーのご相談にのってくださり、美味しい豆を準備して下さった松屋珈琲店。
弱気な私を励ましてくれたマリコさん。
たくさんのお礼を心から。
そして、当日ご来廊くださった参加者の皆さまにも。
本当にありがとうございました。
こんにちは。

この度「ギャラリー園」のご協力を得て、コーヒーイベントを開催することになりました~(^^)
日本でも流行り始めた「サードウェーブコーヒー」カルチャーを体験してみよう♪」という企画です。
お気に入りの一杯を探しに、ぜひ遊びにいらして下さい。

●場 所:ギャラリー園
東京都文京区大塚5-36-2
     地下鉄丸ノ内線新大塚駅より徒歩10分
●参加費:2,200円(スイーツ付き)
●お 話:La foret de 1192
●詳 細:7thwave.info/gallery-en/
●ご予約:office@laforetde1192.com

●当日の会場の連絡先:03-6324-8389
●会場についての問い合わせ:gallery.of.en@gmail.com
Img_3eaae9ad5916aab8205781ccb5999035
画像が見えにくい場合は、チラシをクリックしてください
Img_592fbfff628d04879cdb4d493ddd238d
画像が見えにくい場合は、チラシをクリックしてください