Text Size : A A A
Img_d59db425cf7af5a089ee03057a1d3336
東ティモールに首都にあるAgora Food Studioの壁

無事に2019年を迎えることができました。

東ティモールの平和構築としてのCOCAMAU珈琲を取り扱い始めて、10年目。
毎月、10kgの生豆を松屋珈琲さんに焙煎していただいてきました。

ようやく1tをこえたところ。
東ティモールへの貢献には遠い数字ですが、少しでも想いを形にさせていただく機会があることに感謝です。それもこれも、東ティモールを、COCAMAU組合を、そして1192を応援してくれる人がいてくれるからこそ。

現地で活躍されているNPOのスタッフの皆様、豆を美味しく焼いて下さる松屋珈琲店の皆様にも心からのお礼を。
日々、皆様から優しい気持ちを受け取らせていただいています。

それらを糧に、今年もチャレンジしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

「こかまう珈琲」のネーミングは、東ティモールのマウベシという地域で結成されている共同組合(COCAMAU:コカマウ)に由来しています。

Img_3c0e8dd870424ee6b0c5fd78911939e0

農民が、昔ながらの農法で、真っ赤に完熟したコーヒーの実だけを一粒ずつ手摘みしたものだけを使って、焙煎しています。

昔ながらの農法なので、人にも環境にも優しい♪

東ティモールのコーヒーの木は、急斜面の山に生えていますので、機械を使って収穫することができません。それで手摘みになるのですが、赤い完熟豆だけを摘むことができるのも人の手だからこそ。

標高約1,200Mのところに位置し、朝晩の寒暖差がとても激しいので、美味しいコーヒーができると言われています。

水も豊富。
とにかくおいしいコーヒーができる条件がそろっています。
Img_de16bd6a8b13851df8a1e3d58d85eb1f

何より、皆さんの張り切って働いている姿がまぶしくて、写真を見ているだけでも元気がもらえます。
Img_3a03d17a3459bed3442b5182abd6f5f5
Img_532f87255f7dd1c32ffdcec1984d8b82
子どもたちも、お家のお手伝いをするんですよ♪

「ありがとう、いつも美味しくいただいています」。
Img_2ce4e205ee771cd92571f478d77006ce

*掲載している写真は全てNPO法人パルシック  (Click!)  より、頂戴いたしました。

月に一度、虎ノ門にある松屋珈琲店に伺い、東ティモールのCOCAMAU生産者によって育てられた生豆を焙煎してもらっています。
ほんの少しの豆を持ち込みで焼いてもらうので、松屋さんにとってはまったくお金にならない顧客の私にも丁寧に対応して下さるので、いつもありがたく思っております。

Img_5e965ceb2e3b80ada220a8d259aec2d5
松屋さんからコーヒーをいただきました♪
松屋さんをはじめ、現地支援と輸出入をおこなっているNOP法人パルシックや、その他たくさんの方のご協力によって、東ティモールと関われています。

「フェアトレードコーヒー=まずい」とステレオタイプに思えない美味しさと、現地で尽力されている生産者さんお一人おひとりに敬意を払うとともに、何より私自身がティモールコーヒーを飲むことでホッとさせられていることに感謝を込めて。