渡航直前。
欧州を襲った大洪水。
ドナウの真珠と言われるハンガリーの首都ブタペストでも、一部道路などが浸水。公共交通機関の利用が一時出来なくなりました。

心配していると、「センテンドレが危ないから、これから仲間と土嚢を積みに行く」とブダペストに住む友人からSMSが入りました。水位はぐんぐん上がり、あと数センチというところで川の水が堤防を乗り越え、大惨事になるところだったそうです。
Img_8508d84fc81b1b0f7805a725d51ef40c
上の線まで水が来ました
Img_ef4ed8c4761dc188da8e84ef6d2184c1
ここも浸水していたところです

洪水から1週間後。
私はセンテンドレのドナウ川沿いに立っていました。
川面を指さしながら、「危険な状況だった。地元住民をはじめ、たくさんのボランティアが集まって土嚢を積んだんだ」とペンションの旦那さんが説明して下さったのですが、そこに数名の知人、友人らもいたかと思うと、何だか誇らしく思いました。
Img_a4dd22678f147c3688e4aabc6a105292
門の前にはまだ泥が

その夜、「友人がライブに出演する」というので、会場に一緒に連れて行ってもらいました。
町のお祭りかなと思いながら楽しんでいたのですが、洪水の復興支援チャリティライブで、設営も運営も演奏も全てボランティア。

バックにはセンテンドレ市長のビデオメッセージが流れたり、ボランティアたちの労をねぎらう写真が映し出される中、人々から沸き起こった「センテンドレコール」。
彼らの結びつきの強さにゾクゾクしながら、「町が好きだ」という雰囲気と、子どもからお年寄りまでこのライブを楽しんでいる様子を共有させていただけて光栄でした。

Img_ffec5c542325c0a7dd75e3db9bdc5e51
みんなで危機が去ったことを喜びました
La foret de 1192の活動目標  (Click!)  の3つ目は、トランジションタウンが目指すことと同じなのですが、センテンドレではすでにそれができあがっているようでした。
フェアトレードタウンが目指す「タウン=コミュニティ」とも似ています。

6月8日付けで書いた小話、「人とのつながりをフェアトレードでデザインする」 (Click!)  とは、まさにこういうこと!

こんなことを思いながら、センテンドレ初日の夜は更けていきました。
Img_741601659062d2321f78ca3088e6204f
ドナウからセンテンドレを望む
Img_22bc3b1c878979236d80d21bb21da003
Img_2f6e416ee3e0657eb917e64453247719
3人のアーティストの工房を訪ねさせてもらいました。
左から、服、おんぶひもなどのキッズ用品、それにアクセサリーを作っている方たちです。
Img_e97c2eee6c93cba0a6e5e79e33a6b24f
お互いがアーティストとして刺激し合える関係
以前は企業に属しながら空いた時間で創作活動し作ったものは、街の手づくり市で販売していたそう。そこがご縁で顔見知りになった3人。うち1人が出産を契機に工房を立ち上げることになり、他の2人もそれにのってこの工房兼ショップは生まれました。

工房は、作業となると3人がぎりぎり。
お客さんが2人入ると満員になる。
「いずれはスペースを広げて、手作りワークショップなども開催していきたい」と語るメンバー。

「今は小さくてもいい。自分が作ったものを直接お客さんが買ってくれるのは嬉しい。誰が使ってくれているのか分かるから。それにお客さんからの要望に応えられるのが、作り手としてやりがいを感じる」とも語られていました。
Img_76b5cb0f17af0315494707dde54fb786
写真家の彼が撮影したモチーフを利用したピアス
Img_1753e6fa6f923525a86c10081d8d79f9
ここで靴が制作されている
素材について、オーガニックやフェアトレードのものの利用状況を尋ねると、「希望はあるが、残念ながら今はノー。流通経路がなくて、手に入らないのが現状」とのこと。

その代り、仕入れた素材は余すところなく使っている3人。
子ども用の革靴を作って出た端切れは、もう一人がイヤリングにするとか。

基本はそれぞれが独立した作業形態だが、何か必要になった時はまず仲間内でできるものは工房内で作るようにしているそう。
ユニーク!
Img_08fce0ee59335cdaa7cf06d2a220508f
個性豊かな革靴
Img_350eebf6269b2da0e508ec51017a1b49
革の端切れがピアスに
Img_129e722f981a29824ec6a4f85c1a4e57
ワンピもベストも手作り
3人で作ったものを組み合わせて毎年ファッションショーを行うなど、地域の人とのコミュニケーションも大事にされています。

「素敵なお庭をもっている友達のおうちで、それこそ地元産の美味しい食事つき。
あれは楽しいわね。みんなとの距離もぐっと近くなるし」と笑顔で語ってくれた3人は、本当に輝いていました。
ハンガリーは海に面していないので、魚を食べると言えば鯉やフナ、マスなどの淡水魚になります。
Img_c06e4a7413fe4fea0edded66b1597065
マスの塩焼き

センテンドレ島をサイクリング中、偶然見つけた池に寄り道。
ここでタイミング良く釣り上げられていたのが、鯉です。
池に戻すのかと思いきや、売るとのこと。
個人が釣り上げたものを、売りに出せるシステムがあるのは興味深いですね。
.
Img_90dd4b09638d20615d9780f143390feb
きれいな池で泳いでいる人もいました
Img_9195c7003d6ad28ab43c8c4b9a669a71
釣り上げられた鯉
ブダペストのレストランで注文したスープの魚も、こんな風にして都市までやってきたものかもしれないと思うと面白かったです。
Img_8034bf823ce36be7a5e55da60f821b02
パプリカたっぷりの魚のスープ
Img_3026a249b89355628d9b48e34acae99f
ペンションの窓から見える風景

滞在していたペンションから徒歩5分のところに、地元で作ったチーズとソーセージ屋さんがあるというので、連れて行ってもらいました。

最近できたというこのお店。
ガレージを改装したような簡単な建物ですが、オープン時から「美味しい」ということで、スーパーで買うより割高にもかかわらず人気。
売られているチーズは、センテンドレの隣村で絞ったミルクで作られているんだそう。

おすすめを聞いてみると、カマンベールとヤギのミルクで作ったチーズ。
それをペンションの奥様が買って、翌日の朝ごはんとして出してくださいました。
カマンベールは濃厚、ヤギはあっさりとした味わいで、どちらも美味しかったです。

このお店では、牛乳や卵なども同時に手に入るのも魅力的。
しかもグルリとお店の反対側に5mほどまわれば、お肉屋さんで食材が買えるのが便利。
こちらも地元産。

Img_65a0838af62cc765f88c8d4a72297a89
Img_35041b78365591656e656774b1ba4e40
さらにそのお隣には、手作りのパン屋さんが。
一つひとつ丁寧に作られていて、焼きたてのいい香りがお店の外にまで漂っていました。
作り手は、力がいるのでマッチョのおじさん。
日本でベーカリーと言えば、可愛らしい女性が作って販売しているナチュラルなイメージ。
ここでは、全くそれとはかけ離れているのが笑えました。

Img_1b3f82bf801b380c3404792dcb14765c
かわいいというより、ほんとに自然体。
お客もさんもお店の方も、さりげなく会話を楽しんでいるようで、見知らぬ私にも話しかけてきてくださったのが、とっても嬉しかったです。

コミュニティって、こういうさりげない会話から始まるのかもしれません。
ハンガリーの小さな街、センテンドレへ、地産地消の調査に行ってきました。

約二年前にハンガリーの首都ブダペストとチェコ第二の町ブルノを訪れ、都市におけるフェアトレードの普及について調査したフォローアップになります。
ブダペストでフェアトレードの普及活動を行う中心人物ジョルジィが、「ハンガリーは素晴らしい商品も豊富にあるので、途上国から輸入したフェアトレード商品を広めるというより、それぞれの良さを認め合いながら共存していく必要がある」とおっしゃられていたのが印象的だったので、実際、モノつくりの中心になる都市部以外ではどのようにフェアトレード商品が取り扱われ、地元のものを消費しているのか見てみたくなったのです。

Img_efcf4eaaadccdfbf165ca120371d67c9
ドナウ川がすぐお隣に流れています
今回、センテンドレを選んだ理由は、ブダペストから約20km離れた場所に位置し、芸術家が多く住むオシャレな所であることと、緑あふれる観光地でもあるので週末は多くの人でにぎわうなど、鎌倉と似ていると気になっていたのが始まりです。それに加えて周りには農地も広がっているため、小物などのクラフト類と併せて食の流れや地域のブランディングも見えてくるのではないかと期待しました。

とはいえ、あまりかたく考えず、鎌倉から都内に通勤している私としては、仕事をしながら丁寧な暮らしをするヒントが得られればラッキーくらいに出かけたのが正直なところです。

ありがたいことに今回もたくさんの出会いがあり、ラッキーどころかハッピーにさせられて帰国しました。
町で出会った皆さんに、たくさんのことを教えていただけたことに心から感謝。
特に滞在させていただいたご一家には、ホスピタリティ溢れるおもてなしを受けました。
人あってのコミュニティ。
コミュニティあっての町だということを、改めて認識させられた時間でした。

フェアトレードタウン活動をつうじて、それらを還元していけたらと願っています。
しばらくはこの小話コーナーで、センテンドレを中心としたハンガリーのことをちょこちょこ共有 
させていただければと思います。