Text Size : A A A
Img_22ceeb37321535b455863c4fcfdf13f2
逗子の地ビール

連休明けに久々に逗子のビーチマフィンへ。  (Click!) 

ウェブサイトはファンキーなんだけど、すごく居心地の良いカフェ。
ここで提供してくださるご飯やスイーツは、身体思いがベースで地産地消だったり、フェアトレードのものだったり。

ヨロッコビールという逗子の地ビールを生で飲めますので、
ビール好きさんには、ぜひ休日のランチビールを楽しんでもらいたいです(笑)
Img_77292d9f3b0c5199c2ed129af048b086

三浦の河津桜まつりへ。
朝からどんより曇っていたせいか、見事な桜が咲いている土曜日なのに、人はまばら。
お散歩しながら、思いきり春の色を楽しみました。

そして会場の周りには、三浦大根やキャベツなどがスクスク成長していました。
と、そんなところでこんなものを発見!

やるしかないでしょう!
Img_fd8104a7dba9a8e9f6417519f85532d7
衝撃的な看板
Img_2e6b3a52d061bb9e30bfcb6ebc13d88a
というわけで♪
Img_deaa3d0f93a0bc01d0fa1b4d9257d6fe
持ち帰るのが大変なほど大きな大根
その後。
奇跡的な再会を2週間前に果たした彩子ちゃんが城ケ島の「つるや食堂」でイベントを開くというので行ってきました。
着いた時にはちょうど第五福竜丸のお話会真っ最中。
Img_945643c51ff808ab249816134017571a
Img_d42be1e92401698341b10dd11646bf93
Img_6d474ea93e366c5ec7de409ea2f78445
Img_ddd1467391731779f8f4c166e7888068
彩子ちゃんにも無事に会えました。彩子ちゃんちの畑で採れたブロッコリーとオーガニックレモンをいただいて、大満足の内に帰りました。さっそくレモンは、ドレッシングに。翌日はホットレモンにして飲みました。

近くに住む兄から電話。
「たくさん釣れたから持ってくー」。

1時間後、「大漁だった」とたくさんの鯛を持ってきました。
「これまた、大量だね…」。

「どうするんだ、これ…」と思いながらも、遠慮なくもらって早速調理。
Img_674e27af5a1b23fcaa7533192aa8bab3
ドーンと届きました
ご近所さんにも配らせてもらいつつ、刺身、煮つけ、粗はお吸い物。
塩焼きは好きじゃないと言われたこともあり…。
Img_c6c6b5059e7e2dcd8d3e2b696d64febd
刺身は文句なしに美味しい
アクアパッツァに挑戦。

初めて作ってみましたが、簡単!
しかも、(自分で言うのもなんですが…)美味しい♪
家ではほとんどお酒を飲みませんが、ワインがすすむメニューでした。
Img_ecd4688dce58480f8753ce57a93ffe5a
ミニトマトとローズマリーは庭に生えているものを利用し、塩は友達が分けてくれたフェアトレード品。鎌倉アンチョビを使用したかったのですが、予算の関係上、市販のものを使用です。
地産地消は美味しい♪

≪簡単レシピ♪≫

【材料】
・塩・胡椒    (適量)
・オリーブオイル(適量)
・ローズマリー (2本)
・鯛(中ぶり) (2匹)
・白ワイン     
・水       

【材料B】
・ミニトマト  (5個)
・アサリ    (10個)
・アンチョビ  (5切れ)
・ブラックオリーブ(種無し) (6個)
・ケッパー(お酢味) (大匙1)

【作り方】
1. フライパンにオリーブオイルとローズマリーを入れて、香りを出す
2. あらかじめ塩・胡椒していた鯛を中火で焼く(両面)
3. フライパンに残っているオリーブオイルをふき取り、新たにオリーブオイルを入れる
4. 材料Bをすべて入れる
5. ワインを鯛などの材料が1/3隠れるくらい入れる
6. 水をワインの倍入れる ※強火
7. 5分くらいで中火にし、トマトが少し崩れるくらいまで火を通したら完成☆