Text Size : A A A
Img_fe5dd005e46e709c6a18d881028d9fdf


La forêt de 1192 という名前で活動を始めて、4年目が過ぎました。
「フェアトレード」という「言葉」こだわることをやめ、フェアトレードやフェアトレードの理念を「ツール」に、1192でもできる「コミュニティ・デザイン」を実践した一年間となりました。


とりわけ、3月に出会ったチーム・キシリクリスタル飴のメンバーをはじめ、その活動を共にしてきた方から大きな刺激と与えられると同時に、楽しさをつくり上げていく喜びを分かち合うことができました。

また、ギャラリー園さんやJoelさん、倫子さんなど、たくさんのすてきな方たちとも活動できたことも感謝です。

昨年は、3月に熊本で開催されたフェアトレードタウンの国際会議に参加したことで、世界のフェアトレードを志す人達と知り合い、場所は違えども同じ方向を目指していることの幸せを感じることができました。

活動させていただいていた逗子フェアトレードタウンの会では、東ティモールの豆を使った町珈琲を作るメンバーに加えていただき、逗子市でどのようにフェアトレードを広げ、またそうすることで街にどのような貢献ができるかと考え実行してきました。


2015年はどのような一年が待っているのでしょうか。
1192らしさを出しつつ、みなさんとの出会いを大切に毎日を歩んでいきたいなと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。