Text Size : A A A

サオリちゃんが活動している「EAST LOOP」では、被災者が作ったハートのブローチを販売しています。
見た目にもカワイイだけではなく、被災者の心と私たちの気持ちをつなぐアイテムです。

「被災者の方に元気になってほしい」。
そんな願いから始まったプロジェクトだそうですが、買い手の私たちも「毎日の生活をがんばろう」って元気になれる、そんな企画。

Img_2813b3f9afc2147064467ded79bfa767071c23dd
ベージュを購入しました。カワイイ♪
【商品情報】

カラーはピンクや赤など全部で5色。

1個840円。
うち50%が作り手さんへ渡ります。

商品パケージの裏側には、作り手さんのニックネームも書かれています。
東北にお友達ができたような感覚♪

EAST LOOPのHPはこちら  (Click!) 

Img_8976e4d4e9fce7a224e31f80f43d447e16be7bcf
メルさんが作りました

東北発の新ブランドを通じて、元気が全国へと広がりますように。

28日土曜日は、中目黒にあるスタジオで開催された「がんばろうカフェ」に参加しました。
昨年お世話になったカメラマンの安藤毅さんにお誘いいただいた復興支援プロジェクト。
.

黙々とやれてしまう作業なだけに、ガッチリやるとまいってしまう地味な仕事だから・・・
ということで、軽快な音楽をバックに、ちょいちょいスタンドで飲みものをいただきながらの参加。
東京でもできる支援の一つの形。

「現地に行くのはちょっとまだ心の準備ができない」という声をよく聞きますが、こういう支援の仕方だって歓迎されるんじゃないかな。

思うに、きっと大切なのはどんな形であれツナガルこと。
Img_be6468b12d4439085e99d6978decec0996d31552
音楽でスタジオをサポート

お手伝いさせてもらったのは、被災したアルバムの中に閉じ込められた写真を1枚1枚、丁寧にアルバムからはがし取り、砂を落とす作業。

その後、カメラマンさんがそれを丁寧に撮影(複写)していく。
ほんとに気が遠くなるようなことですが、その思い出の一瞬を被災地に届けたい。
その気持ちがみんなを動かしていたように感じました。
Img_0b93458ec24e63527521410521d966b5588f0b0e
正確に複写していくカメラマン

私自身、「ここに写っている人たちは無事なんだろうか」、「どういう状況でこのポーズを撮ったんだろう」、「すてきなお嫁さん!」など、たくさんのことを思いめぐらしながら作業をすすめました。

そんなことを考えていたら、時間が経つのはあっという間で、たいして作業もしていないのにその日の終了時刻がきてしまいました。

次回もぜひ参加していきたいです。

ご興味ご関心のある方は、下記ご連絡先まで。

photo-kizuna-project
HP  (Click!) 
Img_ceb608b2cb5a4c415990a17fa6effad73c54f8b6
Img_2b820c4d7c7239bfc5268ed63588070d1c1b0583

時の流れは不思議です。
生かされている者として、日々「がんばろう」と思いました。
日々の生活が、まさに「がんばろうカフェ」なのです。