Text Size : A A A
Img_c8b3d6c7030b4bfdc09577fd4ca037c8

「何となくこんな感じ」とバクッとしたイメージだけを頼りにするも、
そうそう欲しいタープなんて見つかるわけもなく。

「どこかに売ってないかなー」とやや時間を無駄にしながらネットで調べている時に、数年前に購入したアジアンテイストの暖簾の存在を思い出しました。


手にとってみると、

「あ、これこれ」。

カッチと何かがハマった時の心の音のように、ワクワク胸が高鳴りました。

「とりあえず、2枚の暖簾を真ん中を縫ってつなぎあわせて、1枚の布にしよう。」とゆるく思いつきます。

Img_70d5c566abab66aa2e81a654e8df2fd0

安易な考えで、
「両端部分を木にくくりつければ、なんとかタープっぽいものになるだろう」と。



イメージ図には「縫う」とか書いたけど、ミシンは使えないし、そもそも針で縫うのも苦手。。。
というわけで、安全ピンで2枚の暖簾の裾部分をピッタリと合わせて止めてみました。


今度はそれを、木にくくりつけようとするとなかなか難しい。

設置を手伝ってくれた人が、
「棒切れ2本と紐がいるなー」と言いながら、拾ってきた枝に布を結び付け、持ってきた紐で固定できるようにサクサクと即席タープをアップグレードしてくれました。

「ほい。できたよー」とサラリ。

さらに。
遊びに来てくれた人からは、

「布の幅を倍にしたら?」とアドバイスをもらったりもして、次はこうしようというアイディアが生まれています。

Img_b8d003bdc9b8a6b97e0818fb12aa35f7

「こうやってトライアンドエラーしながら、良いものって作っていくんだなー。エラーは失敗じゃなくてって成功の途上っていう表現は本当だなー」とシミジミ。

とっても小さなことだけど、「力を合わす」ってきっとこんな気の抜けた感じだけでも充分なのかも。

こうやって世界はちょっとずつ良い流れになってるんでないか、そんなことを思いながらユルイ時間の流れを過ごしました。

肩の力よ、飛んで行け〜(´∀`*)
そんな気分です。