Img_fe414065f05636cb8b94ef6198d4acaa
こかまう珈琲のひこばえ

La foret de 1192として活動を始めて、8年目を迎えることができました。
東ティモールとの出会いから数えると、18年目!

昨年は、東ティモールを約10年ぶりに訪れることができ、懐かしい方との再会や、新しい出会いに感謝する時間を持つことができました。
こうして東ティモールと繋がっていられることを幸せに感じています。

小さな活動ではありますが、東ティモールから届くコーヒーをつうじて、ホッとできる時間を皆様にお届けしたいと願っております。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
喜びの渦に感謝して。
Img_ca7ecac5e35c8bbd066657584aea7144


今年も東ティモールのコーヒーをつうじて皆さんにお会いできたことを嬉しく思います。
素晴らしい出会いや再会があり、駆け抜けた1年となりました。


背中を押していただいた春。
キラキラの海を眺めながら平和について再考した夏。
コーヒーと街づくりの関係を「ベンチから始めるマイパブリック」な考え方で大笑いした秋。
そして、あたたかな気持ちで包まれた冬。


La foret de 1192を支えてくださったお一人お一人に感謝を込めて。


Img_4297e993240e306ed4391f9c2f189c14
Les chiens aboient, la caravane passe.

2017年に入って出会った心躍る言葉やフレーズをヒントに、クリスマスバージョンのパッケージを作成しました。

「自分を押さえる必要なんてどこにもなく、自由に個を表現しながら喜びの渦を巻き起こそう。
それはいつだって、他者のためだから。」
.

La forét de 1192
Img_a6a201c9ea1c4502df75a7abf91938cb
野遊び弁当

愛媛県松山市から、快速電車に揺られること約30分で「内子」という町に着きます。
和紙や和蝋燭が有名で、古くからその技法が守られてきました。
古い街並みが保存され、内子の町を歩いているだけで、なんだかタイムスリップしたような気持ちになります。

上の写真は、下芳我邸でいただいた「野遊び弁当」。
地産地消と表現せずに、「野遊び」という言葉がのびやかで新鮮でした。

地元の食材を使い、飾るお花も野草を摘んでくるのだとか。
どうしても摘むことができない時だけ、スタッフのお庭に咲いた花を持参するそうです。

Img_847fdf1c9f4bcfd4c4da3e0765ad6b5c
お庭を眺めながら食べることができます

内子の町づくりは住民が主体となり、行政や関係団体がバックアップするという方法によって街並みを保存しているることが特徴的です。

観光客が来れば、家の前にゴミが棄てられたり、住民のプライバシーが侵害される可能性が想像される他、家の一部を修理するにも町の許可が必要になるなどの、ちょっとしためんどくささも発生するかもしれません。

そんな不安や課題を解消するための、内子ならではの工夫がありました。

保存地区住民が中心となって、「保存会」を組織しており、同会が、街並み保存に関わるイベントを企画する他、一人ひとりと対話することで住民が抱えている課題や不安を把握し、行政や関係団体と協同で解決方法を検討したり、改善策を実施しているそうです。

このようなきめ細やかな保存会の働きに加え、行政もそれに応える形で外観保存のための経費を補助しています。


Img_3e8703582b4ff9765a6bfc746ce2daab
内子の街並み

見知らぬ私にも、道端でアイスクリームを食べている小学生が「こんにちは」と挨拶をしてくれたり、縁側にて将棋を楽しむおじいさんが、ニコッと笑いかけて下さった他、突然「内子の町おこしについて知りたい」という希望にアレコレと資料をそろえて下さったり、町の情報を教えてくださった町の皆様に心から感謝です。

ありがとうございました。
Img_4a7446409a026e0f918c8750fd368ab0
古い街並みに映える金魚。
Img_c8b3d6c7030b4bfdc09577fd4ca037c8

「何となくこんな感じ」とバクッとしたイメージだけを頼りにするも、
そうそう欲しいタープなんて見つかるわけもなく。

「どこかに売ってないかなー」とやや時間を無駄にしながらネットで調べている時に、数年前に購入したアジアンテイストの暖簾の存在を思い出しました。


手にとってみると、

「あ、これこれ」。

カッチと何かがハマった時の心の音のように、ワクワク胸が高鳴りました。

「とりあえず、2枚の暖簾を真ん中を縫ってつなぎあわせて、1枚の布にしよう。」とゆるく思いつきます。

Img_70d5c566abab66aa2e81a654e8df2fd0

安易な考えで、
「両端部分を木にくくりつければ、なんとかタープっぽいものになるだろう」と。



イメージ図には「縫う」とか書いたけど、ミシンは使えないし、そもそも針で縫うのも苦手。。。
というわけで、安全ピンで2枚の暖簾の裾部分をピッタリと合わせて止めてみました。


今度はそれを、木にくくりつけようとするとなかなか難しい。

設置を手伝ってくれた人が、
「棒切れ2本と紐がいるなー」と言いながら、拾ってきた枝に布を結び付け、持ってきた紐で固定できるようにサクサクと即席タープをアップグレードしてくれました。

「ほい。できたよー」とサラリ。

さらに。
遊びに来てくれた人からは、

「布の幅を倍にしたら?」とアドバイスをもらったりもして、次はこうしようというアイディアが生まれています。

Img_b8d003bdc9b8a6b97e0818fb12aa35f7

「こうやってトライアンドエラーしながら、良いものって作っていくんだなー。エラーは失敗じゃなくてって成功の途上っていう表現は本当だなー」とシミジミ。

とっても小さなことだけど、「力を合わす」ってきっとこんな気の抜けた感じだけでも充分なのかも。

こうやって世界はちょっとずつ良い流れになってるんでないか、そんなことを思いながらユルイ時間の流れを過ごしました。

肩の力よ、飛んで行け〜(´∀`*)
そんな気分です。